ヤリス クロス。 カーシェア「カレコ」、トヨタ「ヤリス クロス」を導入

ヤリスクロス・魅力大研究【2】ライバル5車と徹底比較|中古車なら【グーネット】

細身のスポークはリムに対してシームレスでつながり、ホイールの一体感を引き出している。 [筆者:MOTA編集部]. こちらは荷重も軽いので、クルマの動きも軽快だ。 例えば、ルーフレール(HYBRID X、X、Bパッケージでは選択不可)や、4:2:4分割可倒シート(HYBRID X、X、bには6:4分割タイプ)、ハンズフリーパワーバックドア(HYBRID X、X、Bパッケージでは選択不可)といったアイテムは、グレードによっては手に入らない。

20

トヨタ・ヤリスクロスは4WDを買うべし?|Motor

さらに、元々トップクラスの自動ブレーキ性能だった「ヤリス」の「プリクラッシュセーフティ」に、「緊急時操舵支援機能」が追加されています。 今回の試乗車はハイブリッドの最上級グレードだが、それでも258万4000円。

ヤリスクロス・魅力大研究【2】ライバル5車と徹底比較|中古車なら【グーネット】

MOTAカーリースの特徴は以下の通り。

4

トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ(FF/CVT)【試乗記】 大変革への試金石

まずはリムフランジ部分を見ると、ぐっと飛び出す立体形状をとっているのがわかる。

【試乗インプレ】トヨタ「ヤリスクロス」に一般道&高速道路で試乗 シティ派コンパクトSUVの使い勝手、乗り心地、SUV性能を確認 /

「ヤリスクロス」と「ヤリス」のインテリア装備差は、電動パーキングブレーキとブレーキホールド、2. 「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」と「レーントレーシングアシスト」、電動パーキングブレーキとブレーキホールドがあることで、長距離運転時の負担軽減効果が大きくなっています。 同トヨタの「ライズ」にはセンターコンソールボックスは設定されているため、その点では「ライズ」よりも劣ることになります。 ムダを排除したシンプルなスポーツモデルをヤリスクロスに合わせ込むなら見逃せないモデルとなった。

19

デカくてゴツめなSUVのイメージを覆す! ヤリスクロスが「女子」にオススメな理由5つ

ハンドルの切角、ブレーキ、レスポンスまで全てが素晴らしい。

1

トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ(FF/CVT)【試乗記】 大変革への試金石

約2週間の修理入庫を行った。 10速スポーツシーケンシャルシフトわくわくしますよ! 【走行性能】 ACC、トヨタ安全装置 全て満足しています。 ポップな雰囲気もミックスされている。

8

【試乗インプレ】トヨタの新型SUV「ヤリスクロス」(プロトタイプ)、その実力をサーキットで試す! / ハイブリッド、ガソリンそれぞれのフィーリングをレポート

そのため、少しでも空気の乱流を抑えようとリアスポイラーとCピラーとの間を埋めるボディパーツや、フロントサイドの前に押し出したようなバンパーなどきめ細かくデザインされており、ちょっと前のレーシングカーを見る思いだ。 同じく空転しているタイヤからトルクが抜けてしまうのだ。 車内の広さは、「ヤリス」よりも室内高が1. 【乗り心地】 SUVとしてはコーナーも攻められますよ!快適です。

11

カーシェア「カレコ」、トヨタ「ヤリス クロス」を導入

タイヤではハンドルを切った時の転舵ノイズは少し大きめだが、追従性はわるくない。

5