チェコ デザイン 100 年 の 旅。 企画展「チェコ・デザイン100年の旅」

conocoto(コノコト)|親子でArt④美しいデザインに囲まれるステキな国「チェコ・デザイン100年の旅」

「椅子はその時代の技術とフォルムを一目で認識することができます。

チェコのデザイン史を一挙に紹介する展覧会「チェコ・デザイン 100年の旅」展レポート|haconiwa|「世の中のクリエイティブを見つける、届ける」WEBマガジン

洋服ダンス、ダイニングテーブル、キッチンは細かいところまでそのままそっくりに作られているので、当時の暮らしを知ることができます。 展覧会情報 会期 2019年6月1日(土)~ 7月28日(日) 開館時間 9:30~ 18:00 (観覧受付は17:30まで) 休館日 水曜日、7月16日(火) 観覧料 一般:900(700)円、大学生:450(350)円、一般前売券:700円• 一部の展示を除き、65歳以上券、高校生券の割引適用はありません。 ヴァーツラフ・シュパーラ 小箱《悪魔》 1921年 チェコ国立プラハ工芸美術館蔵 Collection of The Museum of Decorative Arts in Prague• 【当館のコレクション展観覧券には適用されません。

6

京都国立近代美術館にて「チェコ・デザイン 100年の旅」が7月5日まで開催中!

さらにアニメやおもちゃに至るまで、20世紀のチェコは、世界を魅了する数々のデザインを生み出した国として知られている。

7

「チェコ・デザイン 100年の旅」、5月26日開幕

デザイナー自らが街に会員制のショールームを設ける、という大衆への新しいアプローチも人気を呼んだ。 子どもの頃からきれいなものにたくさん出会ってほしいと作られたおもちゃたちです。 「椅子はその時代の技術とフォルムを一目で見せてくれる」と本橋さんは語る。

13

【会期延長しました】チェコ・デザイン 100年の旅|京都国立近代美術館

aspect-ratio-freeform picture,. 25rem and -ms-high-contrast:active ,only screen and min-width:61. とてもきれいな街で、人々の「美しく暮らしたい」という気持ちが強い国です。 3s ease-in-out;z-index:5999997;position:fixed;top:-3. アルフォンス・ミュシャ《ジスモンダ》 1894年 チェコ国立プラハ工芸美術館蔵 Collection of The Museum of Decorative Arts in Prague• その中で、洗練された日用品を生み出してきたチェコのデザインは、今日の私たちにも日常の中の豊かさを感じさせるでしょう。 近代美術館 鎌倉別館 電話:0467-22-5000• 展覧会の見どころ 1. アール・ヌーヴォーやアール・デコの展示のグラフィックとは大きく異なり、すっきりとシンプルなデザイン。

チェコ・デザイン100年の旅

【書誌情報】 「チェコ・デザイン 100年の旅」展覧会公式図録 定価 2,200円 税込 【展覧会概要】 「チェコ・デザイン 100年の旅」展 岡崎市美術博物館(愛知) 2019年4月6日〜 5月19日 富山県美術館 2019年6月1日〜7月28日 世田谷美術館(東京) 2019年9月14日〜11月10日 京都国立近代美術館 2020年3月6日〜4月12日. 「チェコ・デザイン 100年の旅」展覧会公式図録を、美術出版社が制作。 そのため、続く3章では、1920年代になるとキュビズムの作家たちが民族的パターンを取り入れたロンド・キュビズムへと容易に変容していく様子が紹介されている。 気になった方は是非この機会に足を運んでみてくださいね〜!. ボヘミアン・グラスなどチェコ独自の産業や民族的な造形と、同時代の芸術表現が融合した独自のデザインの世界は、現代でも多くの人々を魅了し続けています。

4

チェコ・デザイン100年の旅

工業化と機能主義が趨勢となるまた1930年代、ナチスに侵略された反動で再び民族主義が濃くなる1940年というように、モダニズムとナショナリズムの間で揺れ動きながらデザインが展開する。

「チェコ・デザイン100年の旅」展(7/31~9/22、神奈川県立近代美術館 葉山)

パヴェル・ヤナーク《小物入れ》(1920年頃)と《花瓶》(1927年頃) 注目の作家、そしてこれからの展覧会の楽しみ方 さて、数多くの作家が紹介されている本展だが、その中で本橋氏が注目しているのがラジスラフ・ストナル(Ladislav Sutnar、1897-1976)だ。 19de7b793236ff074384502fed496f18. アルフォンス・ミュシャ 「ジスモンダ」1894-1895 チェコ国立プラハ工芸美術館蔵 まずは、120年くらい前に、チェコを代表する画家アルフォンス・ミュシャの作品で、お芝居「ジスモンダ」のポスターを紹介します。 *「チェコ・デザイン100年の旅」をご覧の方は、同展の観覧券で同日に限りをご覧いただけます。

14

conocoto(コノコト)|親子でArt④美しいデザインに囲まれるステキな国「チェコ・デザイン100年の旅」

【当館のコレクション展観覧券にも適用されます。 また富山県美術館では、本展の併設特別展示として、株式会社インテックのご協力により、同社所蔵の世紀末のチェコを代表する画家アルフォンス・ミュシャの作品約20点を紹介します。