遠州 織物。 遠州織物について

遠州織物の歴史

昭和40年代~昭和50年代 石油ショックやアメリカへの輸出に関する規制などの厳しい状況と、ウールの和服ブームや別珍・コール天ブームなどの生地の流行があり、好況・不況の景気の波が繰り返される。 その後、明治19年にはこの地に洋式紡績工場が設立され、明治29年に遠州の豊田佐吉氏(トヨタグループ創業者)によって小幅力織機が発明されたことで、綿織物の生産量は飛躍的に増加しました。 しかし、技術的に難しい所は、相変わらず織物廃業の減少は歯止めがきかなかったのである。

静岡県/遠州織物とは

また、誇りに思っていただけるはずのこの遠州に住む人たちにさえ、知られることが少ないのです。 Copyright C 遠州. 遠州織物とは 遠州織物とは、細分化された織物作りの全行程を遠州地方の中で完結させた織物の事を言います。

静岡県知事指定 静岡県郷土工芸 遠州地域の注染・長板染め

しかし残念なことに労働集約性の高い産業である繊維産業は徐々にその製造現場を海外に移していくことになります。

浜松の伝統工芸品「遠州織物」についてと、取扱い店が素敵すぎたお話

1) 繊維産地、アパレル産業に携わる人材の育成、2) 繊維産地における課題の明確化、人材のマッチング、自走可能なプロジェクト化、をプログラムテーマに掲げています。 国も海外輸出の声が高まり、 平成19年に、綿工連主導の海外販売がスタートすることになった。

遠州織物

これは昔ながらの織機と、それを操る職人たちの高い技術・信念によって切り開かれていった道です。 昭和48年頃には、4000社近い織物工場があった。

8

静岡県知事指定 静岡県郷土工芸 遠州地域の注染・長板染め

昭和4年 サロン織機の発明により、縞サロンなど、広幅織物 洋服地 の生産が大幅に増加する。

静岡県知事指定 静岡県郷土工芸 遠州地域の注染・長板染め

高品質化を歩んだ遠州織物・遠州綿 近年の繊維業をとりまく環境として、アジアを中心とする安価な海外製品の輸入が急激に増えたことは多くの方が実感されていることだと思います。 世界を代表するものづくり企業「トヨタ」「スズキ」は、遠州織物の織機開発からスタートしたのです。 遠州産地は家内工業が多いのがひとつ特徴です。

15

静岡県知事指定 静岡県郷土工芸 遠州地域の注染・長板染め

目指すべきは価格競争の中の勝利ではない。 そこで織り機を止めながら、とっても丁寧に説明してくださいました! まずは、これが生地の右端。

4