消費 者 白書。 旅行・観光消費動向調査

総務省|平成29年版 情報通信白書|消費者の利益

高齢者世帯の1世帯当たり消費支出をみると、他の世代よりも水準は低いものの((2))、少子高齢化の進展の下、全体の世帯数に占める高齢者世帯のシェアの上昇によって、高齢者層の消費インパクトが増大している。 「電話勧誘販売」は2010年度以降、前年度に比べ増加が続いており、近年の高齢者からの相談件数の増加は「電話勧誘販売」の増加が一因であると考えられます。

訪日外国人消費動向調査

第二に、就業希望者に加え、現状では特に理由がなく就業してこなかった高齢者が、労働環境の整備に伴い就業を希望し、実際に2020年までに就業するケース(以下「就業希望高齢者拡大ケース」という。 一方、2012年度は最も多いのが「ファンド型投資商品」で、「フリーローン・サラ金」、「公社債」も上位10位以内に含まれるなど、いくつかの金融商品が上位に来ています。 [PDF:952KB]• [PDF:3561KB]• 我が国では、公的年金支給開始年齢の引上げや、60歳から65歳までの雇用確保措置 等を通じて、高齢者の労働参加を妨げる要因を除去してきている。

高齢者の消費者トラブル 「消費者白書25年版」消費者庁より

しかし、高齢者世帯の中には勤労世帯と無職世帯があり、後者は貯蓄取り崩し世帯であるため、両者は異なった消費行動をとることを踏まえると、高齢者層の消費支出全体をみるだけではその消費特性を捉えきれないと考えられる。 また、「第3次食育推進基本計画」においては、学校給食における地場産物の使用割合を30%以上にする目標値が定められるなど、地産地消の取組が推進されています。

第2節 高齢者の消費と就労

「2017年10月~12月期」• [PDF:4338KB]• 「2017年10~12月期」• 「2019年1~12月期」• [PDF:597KB]• 農林水産省では、国内生産量、輸出入量、在庫の増減、人口等から「食用魚介類の1人1年当たり供給純食料」を算出している。 よって、高齢期になると収入が以前ほど得られず、貯蓄が次第に減っていく状況の中、生活資金への不安は募っていく様子がうかがえます。 [Excel:3647KB]• 第7回東アジア金融被害者交流集会 in 大阪…秋田 智佳子 弁護士[広島]• [PDF:515KB]• また、四季がはっきりしており、魚種ごとに旬もあります。

16

判例和解速報

農林水産省が平成29(2017)年12月~30(2018)年1月に実施した「食料・農業及び水産業に関する意識・意向調査」によると、「2017年になってからアニサキスを知った」人は、「2016年以前から知っていた」人よりも、アニサキス等の魚介類に関する食中毒の問題をマスコミ等で見たり聞いたりした際に購入を控える傾向が強いようです(図)。 調理時間は平均が32分、30分未満が全体の53%と過半数だった。 食に対する簡便化・外部化志向が強まり、家庭において魚食に関する知識の習得や体験などの食育の機会を十分に確保することが難しくなる中で、若いうちから魚食習慣を身に付けるためには、学校給食等を通じ、子どものうちから水産物に親しむ機会をつくることが重要です。

16

総務省|平成29年版 情報通信白書|消費者の利益

[PDF:874KB]• 第3節 高齢者の消費者トラブルへの対応 悪質事業者への対応の強化 具体的な悪質事業者への対応としては、高齢者を狙った訪問購入も含めた特定商取法の厳正な執行を行うとともに、利殖勧誘事犯及び高齢者を狙った特定商取引等事犯の被害の未然・拡大防止対策を集中的に行うなど、悪質な生活経済事犯等に対する重点的な取締りを実施しています。 「2017年4~6月期」• [Excel:801KB]• また、消費者は食べ方が想像できないとなかなか商品を買ってくれないことから、魚介類の調理に詳しい人が店頭に立って、消費者との対面販売を試みたり、地産地消をスローガンに、地域の新鮮な魚介類を提供する曜日を設けたりしているところもあります。

20