環状 2 号線 陥没。 道路が陥没、穴ぽっかり 横浜の環状2号線、地下水か :朝日新聞デジタル

道路が陥没、穴ぽっかり 横浜の環状2号線、地下水か :朝日新聞デジタル

同工事は、掘削面に泥水を噴霧することで安定させる「加圧泥水シールド工法」でトンネル掘削を実施。 1回目の発生から約1カ月半を経て、その原因が明らかになってきた。

1

環状2号陥没穴 過剰掘削が原因か 検討委が推定

新横浜から大豆戸方面で車線規制もされているとのことで、バスなどのも遅れが出たり、渋滞も発生しているとみられますので、 迂回できる方は迂回した方が良さそうです。

3

新横浜の環状2号道路陥没、原因はトンネル工事「土砂の取り過ぎ」〜検討委が見解発表

— みーさん hoppengwin37011 環状二号線で道路陥没。 工事は現在中断中ですが、付近を走行する場合はくれぐれも注意してください。 付近では道路規制による渋滞が発生しているという。

11

新横浜の環状2号道路陥没、原因はトンネル工事「土砂の取り過ぎ」〜検討委が見解発表

鉄道・運輸機構は現在、周辺の地盤についても空洞ができていないか調査を進めている。 スポンサーリンク 横浜市港北区大豆戸町の横浜アリーナ付近の環状2号線で発生した道路陥没の動画や画像はある? 横浜市港北区大豆戸町の横浜アリーナ付近の環状2号線で発生した道路陥没の動画や画像は以下の通りです。 陥没した横浜市の環状2号線。

19

<環状2号線で道路陥没>新横浜から大豆戸交差点、大倉山駅付近まで大混乱

【2020年6月13日追記】. 地中の浅い位置には水道管なども通っているが、鉄道・運輸機構によると、今回の陥没による漏れは確認されず、トンネル掘削に伴う泥水の流出もなかったといい、陥没現場に貯まっていたのは地下水だという(鉄道・運輸機構提供の資料に「新横浜トンネル」の文字のみを追記した) 新横浜トンネルは 全長3304メートルのうち、すでに約2750メートルの掘削を終えており、 残る区間は約550メートルという状況。 また、掘削土量の管理体制も不十分であったことから過剰採掘の認知が遅れたという。 【関連記事】 ・(新横浜新聞~しんよこ新聞、2020年6月25日) ・(2020年7月20日) ・(2018年5月28日、新横浜トンネルについて) 【参考リンク】 ・(鉄道・運輸機構). 【関連記事】 ・(2020年6月12日、陥没発生時の記事) ・(2018年6月6日、新横浜トンネルの「地質縦断図」も掲載) ・(横浜日吉新聞、2020年6月25日) 【参考リンク】 ・(鉄道・運輸機構) ・(グーグルマップ). 6月30日午前5:50頃から、神奈川県横浜市港北区大豆戸町の環状2号線で道路陥没との情報が相次いでいる。

20

環状2号陥没穴 過剰掘削が原因か 検討委が推定

直下で進められていたトンネル掘削工事の崩落防止策が万全とは言えず、土砂を過剰に掘削したことが陥没の原因と報告した。 重機による復旧作業が行われている陥没現場、写真奥に見えるのは市営バスの港北車庫(6月12日、読者提供) この陥没による けが人や車両の被害はなかったものの、環状2号線の「太尾新道入口交差点」から「ドンキホーテ新横浜店」付近までの鶴見方面車線が通行止めとなっています。 — 脇路ソレル Tomoaky88. 原因は調査中としている。

新横浜の環状2号道路陥没、原因はトンネル工事「土砂の取り過ぎ」〜検討委が見解発表

ただいずれにしても、同じような場所でこんな事故が起こるというのは、あってはならないと思います。 中国から来たヒアリごときに横浜は渡さん!ってな。 今週22日まで埋め戻しなどの復旧工事が行われ、24日時点も埋設管の工事が続きます。

環状2号陥没穴 過剰掘削が原因か 検討委が推定

鉄道・運輸機構東京支社が有識者による「新横浜トンネルに係る地盤変状検討委員会」を設置し、6月24日に初会合を開いた(東京都港区) 同委員会の 龍岡文夫委員長(東京理科大学嘱託教授・東京大学名誉教授、地盤工学)は「陥没のメカニズムが意外に複雑で、 今日は(原因の)結論が出なかった」と報告。

11