ホンダ サイバー 攻撃。 サイバー攻撃リスク浮き彫りーホンダは米国などの工場で生産停止続く(Bloomberg)

“身代金”要求サイバー攻撃 日本では半数以上受ける 民間調査

現時点では情報漏洩などの被害は出ていないそうだ。 企業情報をコンピューターウイルスで暗号化して「身代金」を要求するサイバー攻撃の被害が8月以降、日本企業で拡大しているという。

6

ホンダ、サイバー攻撃被害認める 身代金ウイルス拡大か:朝日新聞デジタル

手口の点でも、ファイルの暗号化やコンピューターのロックだけではなく、機密情報や個人情報などを盗み取った上で外部公開しない見返りに身代金を要求する事例が報告されている。

ホンダ工場停止は氷山の一角、サイバー攻撃に無防備な日本製造業

情報提供元に関する情報や機微情報の匿名化を行い、IPAによる分析情報を付加した上で、情報提供元の承認を得て共有可能な情報とし、参加組織間での情報共有を行っている。 一つは、国民もマスコミも、進化したランサムウエアの脅威を認識していなからであろう。

工場を“人質”に、ホンダ狙った「標的型」攻撃

comは社外に公開されておらず、社内で使用されるドメインだったと推定されている。 ホンダはどのようなサイバー攻撃を受け、生産・出荷に影響を及ぼすのに至ったのか。 「MAZE(メイズ)」グループは、キヤノン、TOTO、シチズン時計の米現地法人のファイルを盗んでいる。

15

ホンダへのサイバー攻撃 社内ネット中枢を狙った新たな手口

盗んだデータを公開すると脅迫する手口もあり、まずはソフトウエアを常に最新に保つなどの予防策を講じることが大切だ」と話していました。 同日 国内外の工場でシステム障害の影響により出荷や生産を停止。 気になるニュース・気になる内幕。

7

ホンダにサイバー攻撃か システム障害で社員に有給奨励:朝日新聞デジタル

同社は9日、サイバー攻撃の可能性もあるとして社員にPCの利用制限をしているという。 ………… 外部からのサイバー攻撃の被害を受け、3日間も事実上「休業状態」となって大騒ぎとなったホンダ。 ・当初鈴鹿製作所も影響を受けたとされたが実際には影響を受けず出荷を行っていた。

5

ホンダのサイバー攻撃は「テレワークが標的」、専門家が指摘

同社の米国法人の公式ツイッターは、カスタマーサービスや金融サービスにも障害が発生したと述べている。 同日11時頃 ホンダ全社員を対象にPCの使用制限を実施。 現在復旧作業を行なっている。

身代金要求する「ランサムウェア」攻撃、1・5倍に増加…「社員自宅パソコンなどから侵入」 : 経済 : ニュース : 読売新聞オンライン

純粋に暗号化を行うのみで、このマルウェア自体には情報を盗み出したり、ネットワーク上で拡散させたりする機能は確認されていない。

18

サイバー攻撃受けた日本車メーカーの落ち度(2020年7月1日)|BIGLOBEニュース

社内サーバーにはマルウェアをばらまくプログラムが仕掛けられており、この対応に約2日を要した。