カトリック 東京 大司教 区 ミサ 配信。 カトリック東京大司教区、75歳以上も公開ミサに参加できるように

主日のミサ 動画配信(カトリック東京教区)

サポーターやサポートの詳細、またクレジットカードをお持ちでない方はをご覧ください。

2

カトリック東京大司教区、主日のミサをインターネットで動画配信

人数制限をお守りください。 またしばらくの間、口(舌)での聖体拝領を控えてください。

15

カトリック東京大司教区、主日のミサを動画配信

また、ミサのある教会を求めて、移動することをお控えください。 ミサの動画は、から視聴できる。

10

ミサの映像配信に関して

広島教区の管区地域は中国地方の広島県、岡山県、鳥取県、島根県、山口県の5県で、累計感染者数は広島県468人、山口県194人、岡山県146人、島根県137人、鳥取県32人、13日に新たに確認された感染者数は広島県2人、鳥取県1人、岡山県と島根県、山口県は0人。 30 カトリック・あい) 新型ウイルス感染拡大が止まる気配を見せない中で、カトリック東京大司教区が30日、同日以降も、当面、不特定多数が参加する公開のミサの中止を継続し、聖週間の典礼も聖香油ミサを含めすべて非公開とする、と発表した。

新型コロナウイルス感染拡大下の待降節

いのちを守るという積極的な対応の意味を理解してくださり、ご自分の要望を二の次とされ、辛抱強くご協力いただいている多くの皆様のおかげで、これまでのところ、教会共同体におけるクラスターなどの発生は報告されていません。 にございますように公開ミサ中止期間は「すべての信徒」を対象に、主日のミサに与る義務が免除されていますが、 各自が聖書を朗読し祈りを捧げる時を持つことが勧められています。 そのような状況の中で、東京大司教区では、主日のミサをインターネットで映像配信し、霊的な聖体拝領ができる環境を提供しています。

12

新型コロナウイルス感染拡大下の待降節

(教区長:ウェイン・バーント司教)は、緊急事態宣言が解除された時から、各教会が感染対策を強化しつつ公開ミサを継続しているが、一部の教会では活動を休止している。