千葉 胤 連 という 人物 は 次 の うち 誰 を 養子 に 迎え た こと が ある か。 鍋島直茂とは

奥州千葉氏の一族5

地域ごとの戦国大名家の家紋・系図・家臣団・合戦などを徹底追求。 玄吉は信乃と同様の痣を持ち、玉を得ていた。 「広次」「弘次」「弘継」とも書かれる。

9

城主のたわごと・千葉県の動乱

通称四郎兵衛。

9

【ニッポン城めぐりクイズの答え】5/2 千葉胤連という人物は、次のうち誰を養子に迎えたことがあるか?

鍋島勝茂の代になって鹿島城は鍋島勝茂の弟鍋島忠茂が入り、鍋島信房は高来郡神代城に転封したがまもなく病没した。 日中はそれぞれ仕事に従事し、講義は夜分に行われたとして、曽谷氏の住まいから徒歩でくるには時間がかかります。

2

【ニッポン城めぐりクイズの答え】5/2 千葉胤連という人物は、次のうち誰を養子に迎えたことがあるか?

祇園岳城から綾部城へ帰還しようとした際、千葉胤連勢の攻撃を受け、馬場政員が野田家俊に討取られた。 これはあくまで信長の代官としての秀吉の命に従ったものであると推測されるが、天正10(1582)年10月7日に増田長盛(仁右衛門)から発給されているでは、この直前に 田路四郎次郎から増田長盛へ宛てて、みずからの所領に関する書状が出されていたようで、増田は知行は安堵されるから、イノシシの肉や狸の肉のような手土産を持って早々に秀吉へ御目見えしなさいと忠告している。 文明9年()没。

13

2006年・城主のたわごと8月

1561年、長尾景虎が越後国に帰還すると、北条氏康勢に帰参したが、小金城は足利義氏の御所として使われた。

2

下総の弘教と信徒たち 高橋俊隆

通称源蔵。 粟飯原胤度の遺児・の復讐の相手であり、「女田楽師・旦開野」として入り込んだ毛野によって討ち果たされた(対牛楼の仇討ち)。

戦国武将録: 戦国下総国人名辞典

常胤は、自分の六人の息子に多くを分与しているが、そのなかでも嫡男・ 胤正が継承した所領も多くあったと考えられる。

19

下総の弘教と信徒たち 高橋俊隆

勝手に推測すると、 胤永が亡くなって、その子・ 胤久はまだ7歳であったためか、父の 胤時は寺崎城主・ 寺崎清連の子・ 常清を養子として迎えたのではあるまいか。 12~13歳の姫は、戦場跡の凄惨な情景に恐怖と悲しみに打ちひしがれ、傍らにあったこの石にもたれて泣き続け、ついに息絶えてしまった。

鍋島直茂とは

江上家を相続して伝家の銘刀「小胸切」を継いだ。 なお、範清は木幡家系譜によれば 「相馬左衛門尉朝胤」の子で、木幡周防入道龍玄の養嗣子になったとされる (『衆臣家譜』)。