エース は まだ 自分 の 限界 を 知ら ない カクヨム。 エースはまだ自分の限界を知らない[2.5]+[3.01](彦猫)

注目のSS【エースはまだ自分の限界を知らない】

データを踏まえて、しかしデータに絶対の信頼は置かない。 それ以外には何も言うことが……一つだけあった。

11

エースはまだ自分の限界を知らない

高校球児による(実は地味な)世界大会……になるはずだったのに! 彦猫 直史と大介は二年夏の甲子園の後、急遽U-18世界大会代表の補充要員として参加を要請される。 その後ろから、俺を映せと言わんばかりに、大介が派手にのしのしと歩く。 直史が投げて、大介が打った。

14

エースはまだ自分の限界を知らない(彦猫)

ヒットは時折出るが、それに足やバントを絡めてホームを狙う、オーソドックスな戦い方だ。

15

エースはまだ自分の限界を知らない[2.5]+[3.01](彦猫)

最終章 三年目・盛夏 大甲子園• タイブレークになってからは既にランナーが出ている状態から始まるので、攻撃側の採れる作戦がずっと多いのだ。

5

注目のSS【エースはまだ自分の限界を知らない】

激しい音。

エースはまだ自分の限界を知らない

場外を狙って打てと。 右手は強く握っていた。

17

エースはまだ自分の限界を知らない[第三部]

帝都一は揺さぶりをかけながらもその強打で春日山に追いつこうとしたが、最後まで上杉が切れなかった。 そしてそれが極限まで極まると、どうやら記憶が飛ぶらしい。

17

注目のSS【エースはまだ自分の限界を知らない】

七章 二年目・秋 うつろう世界• だがそこで直史は、同じ中学出身でシニアに入っていた椎名美雪から、入学直後に野球部に誘われる。 気が抜けているのはベンチだけでなく、セイバーもシーナもである。 魔王が倒れると賢者はもう二度と一人が強大な力を持たぬようにとアルドラマを7つに分け、御使たちにこう伝えました。

11

エースはまだ自分の限界を知らない[第三部]

一進一退と言うよりは、帝都一の攻撃を春日山が上手くいなしているといったところか。 自分たちが勝ったのだ。

2