素数 たち の 孤独。 素数たちの孤独の通販/パオロ・ジョルダーノ/飯田 亮介

素数たちの孤独 / ジョルダーノ,パオロ【著】〈Giordano,Paolo〉/飯田 亮介【訳】

マッティアは幼い頃に双子の妹を亡くしてしまった事に責任を感じている自閉症気味の少年。 実際の証明写真機のカメラの位置に収録用のカメラを配置し、撮影を実施。 こんな本が沢山揃っている本屋さんが日本にも現れたら良いなぁ、と思っています。

11

素数たちの孤独

そうするにはまだ遠すぎるんだ。

14

パオロ・ジョルダーノ

現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。 どこにいてもなじめないでしょう」と松任谷に言われたという家入。 しかし『素数たちの孤独』については、そういう伝統的なイタリア小説に比べると、もっとずっとストーリーの起承転結がはっきりしていて、現代的なテンポの良い作品に仕上がっている。

パオロ・ジョルダーノ

たくさんの人に読んでもらいたい作品だ。

13

『素数たちの孤独』の感想、レビュー(ぱせりさんの書評)【本が好き!】

これはたぶん自分が男である限り、その本質は理解できないタイプの感情なのだろうと思う。 つまり他の数字と共通点がないということになるだろうか。 拒食気味で偏屈なアリーチェと、自閉症気味のマッティア。

12

『素数たちの孤独』の感想、レビュー(ぱせりさんの書評)【本が好き!】

親子でお気に入りの思い出深い絵本になりそうです。 本書の『素数たちの孤独』は、2008年に若干26歳の新進気鋭の作家が受賞して話題となった。

素数たちの孤独|葉月|note

私が海外文学の作品を読む時に、参考にしている文学賞が幾つかあって、邦訳の少ないイタリア文学では、特に、イタリアの最高峰文学賞「ストレーガ賞」を参考にしている。 分かち合う約数を「持てない」素数でありながら ひとつはさんで並び合う双子の素数という存在と表された お互いを、自分にとっても相手にとってもかけがえなく 必要な人生のパーツであると自覚しながら否定・拒否・閉ざして 二人寄り添いながら、すれ違いをつみ重ねていく、 ヒリヒリして苦しい恋愛小説。 近くにいるけれど、本当に愛しあうには遠すぎる2人。