シング メテオ ライト。 シング・メテオライト

テイルズ オブ ハーツ

ソーマは強力な武具として原界人に用いられ、結晶界は「白い月」、ガルデニアは「黒い月」と呼ばれ、その本来の姿は忘れ去られていた。 本作の物語を読み解くにあたって、重要なキーワードになることが間違いないこれら用語を以下に説明する。

13

ドナ・メテオライト (どなめておらいと)とは【ピクシブ百科事典】

『』のでは40点満点中34点でゴールド殿堂入りを獲得した。

6

ゼクス・メテオライト (ぜくすめておらいと)とは【ピクシブ百科事典】

決戦後はクンツァイトのスピリアの中で眠りにつく。 開発途中には、『イノセンス R』のキャラクター・ルカを使用し、チェイスリンクのテストを行った。

シング・メテオライト

リチア捜索・護衛を最優先としてプログラムされており、目的のためには人命すら無視することもある(ただし、PS Vita版ではこれらに関するイベントが削除されている)。 のちにその絵にはベリルの手によってシンハラの姿が描き足された。

2

【ToH】シング・メテオライト

スピリアをゼロムに食い尽くされると肉体が白い結晶と化す「白化」という状態となる。 まとめて花のような形になっている。 専属の守護機士となった時から彼に好意を抱いているが、インカ自身はその好意自体を理解しておらず、同時にクリードからも道具同然としか想われていない。

19

ドナ・メテオライト (どなめておらいと)とは【ピクシブ百科事典】

2013年1月5日閲覧。 スピルーン スピリアを形作る結晶のような物。