ジャンプ 本誌。 週刊少年ジャンプ連載作品の一覧

連載中の作品一覧|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

2 Z Z Z1976年(昭和51年) 1976 1976 Z 126. 人気の低下した連載作品はすぐにの対象にされるため、10〜20週前後(単行本1-3巻分の分量)で終了となる作品が多く、作品・作家の間で連載枠を巡る激しいが毎週誌上で起きている(後述)。 47 - 116 ともたちかくえん友だち学園 いしかわ さふろう (漫画) - 1974. つまり、この「鬼滅本誌」がトレンドに入っちゃうくらい衝撃な出来事が最新話で起こったってことです。 30 - 431 ふつそおん たけい ひろゆき - 1997. 13 - 391 おうさまはろははつたりていこくのきやくしゆう なにわ こきち - 1994. 、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が40年に渡る長期連載に幕を閉じた。

週刊少年ジャンプ連載作品の一覧

アンケート至上主義と打ち切り [ ] 週刊少年ジャンプは他誌と比較しても、読者を参考にしての方針を定める傾向が強い。 2012年9月時点では男女比が約8対2、年齢層は9歳以下が5. 00終了 Z備考 466 しよしよのきみようなほうけん 6 Part6 あらき ひろひこ - 2000. ただし、読者アンケートの性質上、ジャンプとはほとんど接点のない作家が選ばれる場合もあり、過去にはや、などの作家がノミネートされている。

少年ジャンプは電子版だと、鬼滅の刃がオールカラーで読める!?

41 - 162 かいていほせいとん ますたに たけし - 1978. 1993年3-4号 638万部 36-37号 643万部• 38 - 090 あすとろきゆうたん なかしま のりひろ (漫画) とおさき しろう (原作) 1972. 08 - 236 のふかゆく野武がゆく もんま もとき (漫画) - 1982. ハイキュー! 作品検索用目次 [ ] 本一覧はソート可能な表を使用しており、昇順ソート後に以下の目次を使用することにより、作品検索が行える。

16

今号のジャンプ情報|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

5月までは毎週火曜日発売、現在は毎週月曜日発売。 西村繁男は「 アンケートが2位以下の作品はすべて終了候補である」と言い切っている。 32 - 057 きりさかれたせいしゆん切りさかれた青春 かさま しろう さささわ さほ 1970. NEW! 読者の皆様の変わらぬご支援をお願いいたします。

週刊少年ジャンプを読みたいけど、単行本とのストーリーの差があって困

29 - 456 しゆうきゆうてんふいいるとのおおかみ たかはし よういち - 1999. 概要 [ ] に『 少年ジャンプ』の名称で同年の号として創刊。

5

最近のジャンプ+、ガチで本誌を超える勢いwwwwwww

現在、読者構成は中学生を中心として小学校高学年から高校生が主であり、『』()・『』()・『』()よりも低年齢寄りである。 49 - 632 よあけものヨアケモノ しはた ゆうさく - 2014. 少年ジャンプ+ 2021年 1号 イチオシ情報• 連載を開始した作家は長期的な展開よりも、アンケートによる瞬間的な人気を重視する編集方針への対応が求められる。 月曜日• 発行部数653万部を記録した1995年3・4合併号の掲載作品(掲載順) 作品名 作者 原作者 その他 巻頭カラー 読切 NANPO U DEN -南方遊伝- 読切 ワールドユース編 監修・ SECOND STAGE 梅澤春人 1997年 - 1999年 発行部数がこれまでの公称から印刷証明付部数(実際に発行した証明のある部数)に切り替わる。

14

週刊少年ジャンプを読みたいけど、単行本とのストーリーの差があって困

鬼滅の前はこれらの漫画がオールカラーで掲載されていました。 23 - 326 しえつちTHE EDGE ジ・エッジ なかさわ かつひろ長沢克泰 - 1989. ワンピースの尾田先生「背景を手抜きするのは漫画家として失格」 ブリーチ「・・・」• 作品のメディアミックス [ ] は自らメディア化に関与をすることは少なく、特に映像化に関しては良い条件でオファーが来て初めて映像化する方針を採っている。 つまり電子書籍で本誌に追いつくという方法です。

18

週刊少年ジャンプ

28 - 389 ちこくせんしまおう かりべ まこと刈部誠 - 1994. 2 Z Z Z1980年(昭和55年) 1980 1980 Z 185. 人気低迷で1レースのみ(半年)で打ち切り - - 1996年 - 1997年 (数か月間、読者コーナーのない状態が続いた) 8 - ハガキ紹介に漫画の要素をプラス。

漫画「鬼滅の刃」少年ジャンプ本誌に追いつくための4つの方法とは?|みるわなブログ

例として『』のや、『』のなどはヒット作の次に連載した作品の人気が低迷し短期間で終了している。

13