高校 野球 四国 大会 2020。 高校野球秋季大会2020年(令和2年) 秋の地区大会東海・近畿・中国・四国・九州

2020年 秋季四国大会

高知県勢としても1985年の伊野商以来、紫紺の大旗から遠ざかっており、久々の上位進出を狙う。

6

2020年 秋季四国大会

中国大会で優勝・準優勝の倉敷商業と鳥取城北、 四国大会で優勝・準優勝の明徳義塾と尽誠学園の4チームと、中国大会4強の広島新庄がセンバツ出場を決めた。 打線は、高知高校の森木大智に11安打を浴びせるなど好投の徳田を援護した。

20

第93回選抜高校野球 近畿地区6枠出場校予想してみた! 2020秋季高校野球 近畿大会振り返り

10-11で高知県大会で明徳義塾に土をつけている力は侮れない。

2020年秋の大会 第73回秋季四国地区高等学校野球大会 決勝 明徳義塾vs聖カタリナ学園

アマ野球 [12月4日 2:00]• 6回以降はヒット1本に抑える力投を見せ、チームのサヨナラ勝利を引き寄せた。

2020年 秋季四国大会

点差の割には安打の数は明徳義塾とあまり変わらない。

11

第93回選抜高校野球 近畿地区6枠出場校予想してみた! 2020秋季高校野球 近畿大会振り返り

聖カタリナ学園は甲子園で旋風なるか 準優勝の聖カタリナ学園は、センバツ出場すれば春夏通じて初めての甲子園。 先制したのは高松商業。 さらに6回裏、犠打で走者を2塁へ進めると8番・森井陸がタイムリーを放ち3-2と勝ち越す。