Mac 強制 終了 アプリ。 Macでアプリケーションを強制終了させる3つの方法

Macでアプリがフリーズした時の強制終了方法【command+option+esc】

アクティビティモニタは、「command+スペース」でSpotlight検索を開き「アクティビティモニタ」と検索してもいいですし、Finderから「ユーティリティ」フォルダを開いてその中から開いてもいいです。 開いているアプリをすべて終了させることで状態が元通りになり、Mac本体の強制終了や再起動をしなくても済む場合があります。 フリーズは一般的に高い負荷がパソコンにかかって一時的に作業ができない状態を指します。

20

Macでアプリケーションを終了させる方法

電源ボタン(Touch IDセンサーは不可)を搭載したMacの場合は、「control」キーと電源ボタンを同時に押すと表示されるダイアログから再起動を行えます。 フリーズしてしまい、強制終了するしかない状況に陥ってしまっても、このようなリスクがあることは認識しておきましょう。 やり方はとても簡単。

フリーズしたMacを強制終了する3つの方法

アクティビティモニタではシステムも強制終了できてしまうので、ソフトを強制終了させる場合は、システムを終了させないようにしっかりとソフト名を確認してから終了させましょう。

Macでソフト(アプリ)を強制的に終了させる方法│パソニュー

しばらく待っても操作ができないときにはハングアップしていることが考えられます。

4

Macでフリーズ・固まったアプリを強制終了する方法

Shiftキーを押すことにより、今選択されているアプリケーションを強制終了させることができます。

Macのアプリがフリーズして強制終了ができない時の原因と対処法は?

アクティビティモニタから強制終了 Mac上で実行中のプロセスを表示して、そのプロセスを管理したりするための 「アクティビティモニタ」というものがあります。

Mac

ドックに表示されていない常駐アプリが原因のケースも考えられます。 まとめ アプリが固まってしまったとき、終了させたくてもできない時の対処法として、強制終了の方法をご紹介しました。 ハードウェアに問題が見つかった場合は、修理のプロに相談しましょう。

4