建 デポ 営業 時間。 店舗情報

コーナン が「建デポ」買収、気になる「LIXIL」との今後

。 首都圏にある全41店舗中、コーナンPROは10店ほど。 買収金額は約240億円に上り、同社として過去最大のM&Aとなる。

17

コーナン が「建デポ」買収、気になる「LIXIL」との今後

ホームセンター大手のコーナン商事がM&Aを本格化し始めた。 コーナンは近畿(210店舗)を中心に全国356店舗(2月末)を持つが、首都圏では40店強にとどまる。

1

コーナン が「建デポ」買収、気になる「LIXIL」との今後

とくに首都圏のグループ店舗数はほぼ倍増する。

6

【トステム】トステムについて/旧トステム(株)の情報について/ニュースリリース/“建デポ・プロ”の第1号店、2月2日(火)立川にオープン

お客様が今後お困りにならないよう専門スタッフがサポートしながら、パソコンやスマホが楽しくなるお手伝いをいたします。 ご利用プランによりサポート対象機器、サポート台数、月額料金が変わります。

14

【トステム】トステムについて/旧トステム(株)の情報について/ニュースリリース/“建デポ・プロ”の第1号店、2月2日(火)立川にオープン

又、上記募集条件に該当しない場合、その他ご質問などお問い合わせお待ちしております。

5

コーナン が「建デポ」買収、気になる「LIXIL」との今後

トステムでは、今後「建デポ・プロ」を全国に順次、出店を進めていく計画です。 同社は食品スーパーとホームセンターを併設した「スーパーコンボ」を主軸に30店舗を展開する地場大手だ。 その後、東海、東北に店舗を広げてきた。

5

建デポ [オフィシャルサイト]

建デポの子会社化をきっかけに、首都圏強化を目指すコーナンがLIXILビバに協業など何らかのシグナルを送ることになるのか、今後、要ウオッチといえる。 プロ向け建築資材卸を240億円で買収 LIXILグループ系列のプロ向け建築資材卸66店舗を運営する建デポ(東京都千代田区)を6月に子会社化する。

13

店舗情報

コーナンが買収する建デポは2015年にLIXIL建デポ事業部が分社して発足した。 コーナンは建デポを傘下に取り込むことで、総店舗数が一挙に2割増え、420店舗を超える。

18