赤瀬川 原平。 赤瀬川原平

老人力

このころには、社会主義リアリズムの影響を脱し、アフリカ原始美術に触発された絵画を制作していた。

20

赤瀬川原平

かつて私は、氏の著書『ライカ同盟』(ちくま文庫1999年)の解説の中で、…「赤瀬川さんは、よく視る人、だと思う。 東海林 無防備になって平和を呼び入れる。 『ライカ同盟パリ解放』秋山祐徳太子,高梨豊 2001• 講義内容は赤瀬川がその時点で熱中していたもの-「マッチのラベル絵」「」「」「新聞の尋ね人案内」「トマソン」「1円で何が買えるか」など-であった。

13

老人力

赤瀬川個人の作品としては、梱包作品や模型千円札がある。

ほぼ日刊イトイ新聞

最後の著書『「墓活」論』の帯にあるとおり、直木賞作家の兄赤瀬川隼などとともに自らの手によって設えられた墓碑がここにある。 『』1980年12月号に発表された短編「」で、、第84回を受賞。

路上観察学会

無用窓 塞がれた窓。 第114回 「豚の報い」• 紀伊國屋セミナー3 老人力VS不良中年 赤瀬川原平(演)(演) 紀伊國屋書店 1999. 『いまやアクションあるのみ! それだけに、たまには問題発言もしてしまいます。

2

赤瀬川原平

赤瀬川は荒川修作をグループに紹介し、参加させた。 最近では、「新解さんの謎」で 「新明解国語辞典」の面白 さを広めた人、 もっと最近では「老人力」ということばを広めている人、 ということでも有名だ。 ずいぶんはしょっているけど、原稿用紙1枚分を費やした。

19