地域 共生 社会 推進 検討 会。 「地域共生社会 実現への課題」(時論公論)

「地域共生社会推進検討会」中間とりまとめ(1)

地域によって事情が違うので、具体的な進め方は地域で考えてくださいというのが国の立場ですが、それでは、福祉にあてる財源を確保できない国が、地域に役割をおしつけるだけと批判されても、仕方がありません。

= 地域共生社会推進検討会 = 断らない相談と「参加支援」を一体展開 事業者の機能拡充に補助 厚労省方針

【平成30年度 厚生労働省老人保健事業推進費等補助金 老人保健健康増進等事業(地域包括ケアシステムの深化・推進に向けた制度やサービスについての調査研究)】 <地域包括ケア研究会>2040年:多元的社会における地域包括ケアシステム 【平成29年度 厚生労働省生活困窮者就労準備支援事業費等補助金 社会福祉推進事業】 地域力強化および包括的な相談支援体制構築の推進に関する調査研究 【平成29年度 厚生労働省委託事業「『我が事・丸ごと』の地域づくりの推進に関する調査・研究等事業」】「地域共生社会」の実現に向けた取り組みに関する実践事例集(平成30年3月) 【平成28年度 厚生労働省老人保健事業推進費等補助金 老人保健健康増進等事業】 <地域包括ケア研究会>地域包括ケアシステム構築に向けた制度及びサ-ビスのあり方に関する研究事業. ワーカーは住民を集めてその課題を共有する勉強会を開き、その上で、住民ボランティアと一緒にごみを片付けていきます。 市町村の体制から漏れてしまう相談を受け止めて、もう一度市町村につなぎ戻す。

地域共生社会に向けた包括的支援と多様な参加・協働の推進に関する検討会

Q7 一括交付金は何に使えるの? - 将来計画に沿った年度計画に定められた事業に活用できることとしています。

8

「地域共生社会推進検討会」中間とりまとめ(2)

地域とのつながりや関係性づくりを行う支援 断らない相談支援に関わる支援者の専門性について 属性にかかわらず様々な相談を受け止めるためには、相当の専門性が必要という意見がある一方で、自治体の中の共通理念として「断らない」ことを掲げることで、受け止め対応するための工夫や努力、知恵を出すことにつながるとの意見も聞かれました。

「地域共生社会に向けた包括的支援と多様な参加・協働の推進に関する検討会(地域共生社会推進検討会)」中間とりまとめ(令和元年7月19日)公表

.新見市版地域共生社会の実現に向けて 新見市における地域共生社会は、 「年齢や性別などに関係なく、一人ひとりの人格や個性が尊重されるとともに、それぞれが求められる役割を果たしながら相互に協働することで、市民一人ひとりの暮らしと生きがいや地域を創っていく全員参加型の社会」と考えています。

19

地域共生社会に向けた包括的支援と多様な参加・協働の推進に関する検討会

対人支援において今後求められるアプローチ 対人支援は、「具体的な課題解決を目的とするアプローチ」と、「つながり続けることを目的とするアプローチ」に大別できます。 ・これまでの補助金毎、個別の申請手続きが必要なくなり、また細かな使途の制約もなくなります。 そして、身近な圏域に、住民からの相談を丸ごと受け止める窓口を設けて、自分の相談だけでなく、気になる近所の人の相談も寄せてもらいます。

15

このまちを未来へつなぐ 〜新見市版地域共生社会の実現に向けて〜

同じ住民が手伝っている姿をみると、苦情を言ってきた人も声をかけてくれるようになって、ご近所のつきあいが始まるといいます。 「大学を活かしたまちづくり」は、(新見市ホームページ)をご覧ください。 豊中市のような取り組みが広がるよう、国が責任をもって要となる人材を育成するとともに、先進的な地域の取り組みを全国で共有できるような仕組みも作っていく必要があると思います。

8

このまちを未来へつなぐ 〜新見市版地域共生社会の実現に向けて〜

現在,全国の一部自治体では,包括的な支援体制づくりのためのモデル事業に取り組み,体制の構築を進めています。 行政の側も縦割りをなくして、高齢、障害、子供に関わる機関だけでなく、住まいや雇用、医療など、あらゆる分野の人たちとネットワークを作り、個別の課題を丸ごと受け止め解決できる体制を整えます。 既存の地域振興会等がある場合は、その組織を母体として、移行することも可能です。

9