老い の ときめき 小説 一覧。 [B!] 新・老いのときめき・目次

老化は治療可能な病気である──『LIFESPAN(ライフスパン): 老いなき世界』

文学・人文,恋愛• 著者によると、老化は治療できる病であり、21世紀中に人は120歳、130歳まで当たり前のように健康に生きる可能性もあるという。

7

[B!] 新・老いのときめき・目次

死ぬのは癌や心臓病などの「死因」のせいであって、根本的な死因として老化は挙がらない。 老化研究というのはここまで進んでいるのか、と驚くのと同時に、将来的にというよりも「自分が」120、130歳まで生きることも可能かもしれない、と希望を持たせてくれる一冊で、今年最大級といっていいほどにおもしろかった。 我々の生体内には2種類の情報がある。

「老い」を描いた小説

登場人物の揺れ動く心理描写が丁寧に描かれ知らぬ間に感情移入してしまいます。 そんな老人に哀愁を覚える老人たちの織り成す物語。

10

老いを使用した俳句

こんにちわ 『きみに読む物語』(原題: The Notebook) はいかがでしょうか 1996年にニコラス・スパークスが発表した小説ですが 2004年に映画化されヒットしました。 衝撃の結末に涙が止まらない・・・。

14

[B!] 新・老いのときめき2012

おばさんは、全く出し抜けにティースプーンぐらい小さくなり、また何の予兆もなく元に戻ります。 この二人の番外編をぜひ読みたい!!描いてくれないかな〜と期待しています。

13

老いを使用した俳句

未来に対する諦めから死への恐怖は薄れ、淡々とした日々を過ごしていく。 やがて彼自身から告げられた悲しい真実とは…。

[B!] 新・老いのときめき・目次

閲覧数2252 老人とふんどしをテーマに老人の生きてきた道を振り返りながら歩く姿を、連れ合いの老人とともに苦悩する姿を現しています。 分裂したばかりの細胞に対して、どんな種類の細胞になればいいのかを教えるのだ。 死ぬことが珍しくなるような世界はまだはるかな未来だとしても、死を先へ先へと追いやれる時代は遠からぬところまで来ている。

老い の ときめき 小説 一覧

密かに悠太に想いを寄せる志津は、久しぶりの再会に心躍らせる。 姑に治療をせまられる女性。 ランゼみたいなサラサラのロングヘアーに憧れていたな…主人公が「なりたい女の子像」だったのも良かったと思う。

18