テキーラ ウルフ。 なぜゴールド・ロジャーの旅路に一瞬だけ橋の上の国「テキーラウルフ」を見せる必要があったのかを考察【ONE PIECE第967話】

【ワンピース考察】ロビンとラフテルを繋ぐ数字

だから「空白の100年」から100年経って建設が始まったのではないか。 ラフテルには天竜人、世界政府側が海賊に見つかったら不都合なものがあるんだろう。

8

ロビンがテキーラウルフに飛ばされた理由は?革命軍で2年間活動?|ワンピース ネタバレ考察

なんとなく、 会社の研修みたいなイメージ にはなりますが(笑) 最後に、 革命軍がこれまで見てきた ポーネグリフをロビンに共有して、 それをロビンに読ませていたのかも しれません! おそらく、 これが革命軍がロビンを必要と していた最大の理由だと思ってます! 革命軍といえば、これまでもたくさんの 島を自分たちの領土としてきたので、 そこでたくさんのポーネグリフを 発見したのかなあと思いますね! それを読めるのは全世界では ロビン1人しかいないとすれば、 正に「革命の灯」といえるのでは ないでしょうか。

なぜゴールド・ロジャーの旅路に一瞬だけ橋の上の国「テキーラウルフ」を見せる必要があったのかを考察【ONE PIECE第967話】

700年前から建設していると話していましたが、 空白の100年が明けたのは800年前であり、もしもラフテルに橋を繋げるためであるなら、800年前から橋を建設し始めても良かったと思えます。

[ワンピース 伏線] 東の海の巨大な橋「テキーラウルフ」が造られ続けている理由

レスボス島では ギリシャの文人を多く排出 している場所でもある。 なぜゴールド・ロジャーの旅路に一瞬だけ橋の上の国「テキーラウルフ」を見せる必要があった? そんな、なぜ存在するかわからない橋の上の国「テキーラウルフ」をチラッとゴールド・ロジャーの時代も建設中であることを見せる必要はなぜあったのでしょうか? 絶対何かの伏線だと思うのですが、それが何かはわかりません。 もしかしたら 東の海はラフテルへ行く際に、重要な拠点となっているのでしょうか。

なぜゴールド・ロジャーの旅路に一瞬だけ橋の上の国「テキーラウルフ」を見せる必要があったのかを考察【ONE PIECE第967話】

アラバスタのポーネグリフを読んだロビンなら知っているはずですが、ありかは彼女の口から明かされていません。 ads テキーラウルフに飛ばしたくまの狙いは? シャボンディ諸島編の中で、七武海の1人 バーソロミュー・くまが麦わらの一味を 全員バラバラにさせてましたね。 この記事では、ワンピース967話までの展開から968話以降で明かされる可能性のあるテキーラウルフの橋とラフテルの関係についての考察を、• <関連記事> 残りの3つの内訳は26年前時点で「ゾウ」「ワノ国」「どこか」だそうです。

4

『ワンピース』第967話〝ロジャーの冒険〟ロジャー海賊団に会ってたフランキーと謎の橋「テキーラウルフ」

テキーラウルフの橋は何のために造っている? 東の海のどこかで建設されている巨大な橋で、その上にあるのがテキーラウルフという国です。 【ワンピース968話以降考察】テキーラウルフの橋とラフテル|ラフテルへと続く橋?• テキーラウルフで巨大な橋を建設してるのも このドーン島と関係しているのかもしれない ですね。 ということで、 テキーラウルフの橋の建設は、天竜人が理想とする世界を作るためのもので、700年前から造り始めたのは クズの天竜人が「空白の100年」から100年後にできあがったからという考察でした。

14