水戸 駅 から 常陸 太田 駅。 常陸野ブルーイング水戸 (【旧店名】トゥルー・ブルー)

はじめての日立電鉄線 ~大甕駅から常北太田駅まで

広告です• (昭和62年)4月1日:水戸駅 - 安積永盛駅間の貨物営業を廃止、に伴い東日本旅客鉄道(JR東日本)が承継。 水戸駅 - 常陸青柳駅間の橋梁は過去のが低い時代に架橋されたため、堤防を掘り下げた構造となっている。

9

◆JR水郡線(茨城県・福島県)

(昭和4年)5月10日: 水郡北線として - 間を開業、と谷田川駅を新設。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 2011(平成23)年7月16日 水郡線利用促進会議などにより愛称が「奥久慈清流ライン」に決まる。

16

常陸青柳駅

過去の優等列車 [ ] 以下の各はいずれも1966年まで• この場合、取り止めた駅からは通常の列車と同じになりドア扱いを車掌が行うため、でもホーム側の全ドアが開くようになる。 その後、出身の・が経営に携わり一時はとの合併を画策するも頓挫。 かつては5両編成も存在していた。

7

時刻表-常陸太田駅

174• 歴史 太田馬車鉄道• :上小川駅 — 常陸大子駅間を延伸開業、と常陸大子駅を新設。 (昭和9年)5月11日:水戸駅 - 常陸大宮駅、上菅谷駅 - 常陸太田駅間で運転開始。 :上菅谷駅 - 間が延伸開業、と瓜連駅を新設。

16

水郡線

その後、太田馬車鉄道は「太田鉄道」と改称し、動力もへ変更して鉄道敷設に変更された。 複線区間:なし(全線)• 茨城県土浦市で生まれ、すぐに県外で育ちました。

1

◆JR水郡線(茨城県・福島県)

- が運営している水郡線の観光案内ページ• 9 ひたちなか市 1897(明治30)年11月16日 ひたちつだ 2. (7年)• (国立国会図書館デジタルコレクション)• (国立国会図書館デジタルコレクション)• 大雨の影響で那珂川が増水した場合は防水門で橋梁が封鎖され運休になりやすい。 常陸大宮駅より先は、と並行してに分け入るように進み、勾配・カーブの連続での雰囲気が色濃くなる。