ハイキュー 影山 飛 雄。 【ハイキュー】影山飛雄の挫折が壮絶!名言やイケメン画像まとめ

影山飛雄┃ハイキュー!!の天才セッターのスペックと弱点を考察

現白鳥沢の正セッターである高校2年の白布賢二郎も、彼の中学時代の回想で、頭が元々良かったにも関わらず、一層勉学に励み白鳥沢に合格した、という事が言われていました。

16

影山飛雄 (かげやまとびお)とは【ピクシブ百科事典】

彼が常に目標のみを見据えプレイをしていると言うことが読み取れる一言です。 万能な天才新人セッター! 今の1点は奇跡じゃない獲られたんだ!• 『 うちのスパイカーはみんな強みんなちゃんと強い、ですよね?』 試合終盤、ポイントゲッターの日向が離脱してしまった際に発した言葉です。 しかしやはり 体格のハンデは大きく、烏野の三年生エースに対して嫉妬心と共に気を落としていました。

12

【影山飛雄】烏野高校のセッターが消えた日【ハイキュー】*死ネタ

「このチームでもっと上へ行きたかったです」 もっと勝ちたかった、コートに立っていたかった。 ひとつのボールが日向と影山を繋いだ。

8

影山飛雄 (かげやまとびお)とは【ピクシブ百科事典】

しかし、だからこそ影山はそれを完璧に使いこなそうと中学時代の優秀なプレイヤーとの練習ではなし得なかった 「打たせる」ことに対して天才的な技術を全て注ぎ込むことができるようになります。 プライドは高いが、そのプライドよりも上達への貪欲さの方が上回っている。

ハイキュー 387話 ネタバレ 感想 明かされる影山飛雄の過去 バレーとの出逢い

』は、アニメ化されており、2014年に1期が、2015年に2期が放映されています。 元々から人とのコミュニケーションが得意ではないようであり、その辺りも込みで、同じポジションであるに習ってチームから信頼されるセッターを目指して勉強中。

15

【ハイキュー!!】万能な天才新人セッター!!影山飛雄の魅力を徹底解説!!

元々はバレーも自分1人で何でもやれればいいのにと自分勝手な考えを持っていた影山飛雄ですが、烏野高校に入学してからはチームメイトからの信頼や居心地が何かを変えたのか、自分から積極的にチームメイトに自分のトスはどうだったかなどコミュニケーションを取りにいくようになりました。 結局、中学最後の試合でトスを上げた先にスパイカーが誰もいないという事件が発生! この事件をきっかけに「コート上の王様」という異名は他校の選手も知るところとなり、烏野に入ってからも当時を知る月島や、他校へと言った当時の北川第一中メンバーたちから揶揄されます。

16

【ハイキュー!!】影山飛雄がかっこいい!声優や名言についても解説!

しかし、コミュニケーション能力にやや欠ける影山は、仲間のことを真に仲間だと思えておらず、逆に周囲が自分に付いてきていないと感じていました。 影山は不器用で口が上手くなく、コミュニケーションを取るのが苦手です、ですが、バレーの技術は上手く勝ちたいので、仲間と協力するために少しずつでも仲間と連携を取ったり、コミュニケーションを取ろうとする健気さが共感を得るのだと思われます。

17