ゴードン マレー t50。 GMA T.50登場! マクラーレンF1の後継車がついに発売 開発者のゴードン・マーレイにインタビュー

GMA T.50登場! マクラーレンF1の後継車がついに発売 開発者のゴードン・マーレイにインタビュー

全長:4,352mm 全幅:1,850mm 全高:1,164mm ホイールベース:2,700mm 車両重量:986kg タンク容量:80リッター エンジン:コスワース V12 4. でも、いまマクラーレンF1を手に入れようと思っても、価格が高騰して、いまや2000万英ポンドとかになっちゃってるから難しいよね。 高速が出せるスーパースポーツカーに必須のダウンフォースを産むのは、車体後部に備わる直径40㎝の電動式大型サクション・ファンを空力系に組み込んで、単純な速度依存型から脱却した可変型グラウンド・エフェクト設計で、ファンの回転速度を司るのは6つのモードを持った電子制御システムである。

17

「これは本当のスーパーカーですね…ゴードン・マレーのT50」RANちゃんのブログ | マニュアル好きでした

大型のファンを回転させることにより、フロア下の空気を強制的に後方へ吸い出し、強力なダウンフォースを生み出す。 ゴードン マレー(サー ゴードン マレー、英王室から数年前に叙勲を受けた)は、現在、伝説のマクラーレンF1の後継者となるニューモデルを製作中だ。 通常走行の「オートモード」では、速度とドライバーの操作に応じて、リアウイング、ファン、アンダーボディディフューザーを最適化する。

5

ゴードン・マレー

50に何百という大幅な改良が施されている。 Vmaxモードでは、V12のパフォーマンスは700馬力までアップする。

3

ゴードン・マレー“直径40cmのファンを搭載” T.50 とは?とんだハイパーカー!?

しかし、分解図を見るとマクラーレンF1との類似性が見て取れる。 50は、自動車デザイナー「ゴードン・マレー」が率いるゴードン・マレー・オートモーティブが制作。

7

Gordon Murray Automotive

また「GTモード」「パワーモード」の2つのエンジンマップを用意し、日々の運転での使い勝手と、フルパフォーマンスを楽しみたいドライブの両方に対応する。 エンジンはテストベンチで1,500rpmまでしか回転しなかったが、それだけには留まらない。

17

全貌が明らかに! ゴードン・マレー設計の新型スーパーカー「T.50」、ティザーイメージが初公開

すべての部品の重量を最小限に抑えることに重点を置いた軽量化戦略によって、車両重量は1トンを下回り、986kg(乾燥重量は957kg)に抑えられる。

5

ゴードン・マレーの新型スーパーカー『T.50』、直径400mmの「ファン」装着…デザイン発表

50: マクラーレンF1後継モデル、V12、価格 これがゴードン マレー オートモーティブT. 関連サイト. 50」は、ゴードン・マレー氏の50年のキャリアと50番目のデザインであることから採用されました。 全高は1,164mmとかなり低く抑えられています。 GMAはまだT. マレーは1990年に自身が設計したF1マシンが通算50勝に達したのを機にF1界を去り、市販ロードカーを開発製造するマクラーレン・カーズ・リミテッドの設立に尽力した。

10

【動画付き】新着情報 ゴードン マレー の新作 T.50 高回転型コスワース製V12を採用

ブレーキはブレンボ製を採用し、フロントに6ピストンキャリパー、リアに4ピストンキャリパー、ディスクはカーボンセラミックとなる。

5