宅 建 法令 上 の 制限。 法令上の制限の重要過去問を厳選!

【宅建】過去問解説【法令上の制限】開発許可制度1「開発行為の許可・申請手続き」

例年1問程度出題されています。

実はかんたん法令制限

はこちら👇をご覧下さい。

1

法令上の制限攻略のコツ【宅建試験攻略】

ゴロ合わせの宅建試験対策テキストなどをご利用ください。 組合施行の要件、保留地、公共施設の管理、仮換地の指定、換地処分の効果が頻出なので最低限そこは正確に暗記しておきましょう。 土壌汚染対策法は、都道府県知事への「届出」です。

その他の法令上の制限。森林法、土地収用法、自然公園法など、誰に届け出て許可をもらえばいい?

1.市街化区域内の土地 面積2,500㎡ を 購入する契約を締結した者は、その契約を締結した日から起算して3週間以内に事後届出を行わなければならない。 勉強方法は、「」です。 【 届出が必要なもの】 ・公有地の拡大の推進に関する法律 都市計画施設区域等にある土地を有する者が、その土地を有償で譲り渡そうとする場合、土地の所在や面積、譲渡予定価額等を「都道府県知事に」届け出る。

12

宅地建物取引士(宅建)の勉強方法:法令上の制限 インデックス

改正点を意識していない 法令上の制限と税法については、ほぼ毎年改正されている箇所があります。 これでもなお理解できないのであれば、 質問をご利用ください。

16

宅地建物取引士(宅建)の勉強方法:法令上の制限 インデックス

1 生産緑地法 生産緑地地区に指定された場所で、 ・建築物その他の工作物の新築、改築、増築 ・宅地造成、土石の採取など土地形質の変更 ・水面の埋立て・干拓 を行う場合には、市町村長の許可が必要です。 2)正しい 市街化調整区域、 区域区分が定められていない都市計画区域又は準都市計画区域内で行う開発行為で、 農業を営む者の居住の用に供する建築物の建築の用に供する目的で行うものについては 開発許可は不要である。 ただ何度も何度も問題を解いていくうちに、 パッと道が開ける時が来ます。

11