相模原 殺傷 公判。 WEB特集 奪われた19のいのち 障害者施設殺傷事件 初公判を前に

相模原殺傷事件公判開始、「考え続ける会」がシンポ | 週刊金曜日オンライン

地域の人々によって、養護学校によって、路線バスの労働者によって、あらゆる分野のマスコミによって、権力によって殺されていったのである」 48年に施行された「優生保護法」は、「優生学上不良な子孫の出生を防止し、母体の健康を保護する」、つまり「不良」である障害児の出生や障害者の出産を防止する法律だった。 「ただただ、そっとしておいてほしい」という方、「社会の偏見や差別が怖い」という方。

2

相模原のやまゆり園45人殺傷事件に関する速報ニュース:朝日新聞デジタル

突然の惨劇に言葉を失う家族ら。 就学先をめぐり、「地元の市立小学校に」と望む両親と、「専門教育が受けられる神奈川県立の特別支援学校が適切」とする市…• 裁判で記号が用いられたことに違和感を覚えた人も少なくない。 元衆議院議員、日本安楽死協会初代理事長の太田典礼は、「週刊朝日」(朝日新聞出版)72年10月27日号の記事において、こう語っている。

5

植松被告、起訴内容認める 謝罪も、突然暴れ休廷―相模原殺傷初公判・横浜地裁:時事ドットコム

殺人などの罪に問われた元施設職員・植松聖(さとし)被告は起訴事実について「(間違いは)ありません」と認めたものの、弁護側は当時の被告が精神障害の影響により心神喪失などの状態だったとして、無罪を主張した。 同僚の取材によるものだった。

17

被害者呼称、「甲A」を「美帆さん」に 相模原殺傷公判:朝日新聞デジタル

現地では21年…• 根深い差別意識と、事件を生んだ社会的背景にどこまで迫ることができるのかが、最大の焦点である。 制作中の記録映画『生きるのに理由はいるの?』のラッシュ映像が上映された。

13

WEB特集 奪われた19のいのち 障害者施設殺傷事件 初公判を前に

そのために何が必要か。 40人を超える被害者の中で、死者は「甲」とアルファベットの組み合わせに。 手紙につづられているのは、植松被告のゆがんだ障がい者観とは全く異なる、美帆さんの彩りある人生と家族の愛情だ。

18

相模原のやまゆり園45人殺傷事件に関する速報ニュース:朝日新聞デジタル

「障害者は不幸を作ることしかできません」と被告は記した。 (植松被告の)責任能力を取り上げたいと思います」 《弁護側は、植松被告が常用していた大麻の影響を指摘した。

3

相模原のやまゆり園45人殺傷事件に関する速報ニュース:朝日新聞デジタル

ALSの当事者や、生活を…• 今後の審理でこうした点をできるだけ明らかにしてほしいと思います。

3

相模原殺傷事件公判開始、「考え続ける会」がシンポ | 週刊金曜日オンライン

甲さんと呼ばれることは納得いきません」と訴えていた。