背教 者 ユリアヌス。 『背教者ユリアヌス (下) (中公文庫)』(辻邦生)の感想(31レビュー)

ユリアヌスとは

著書のバワーソックは、 ハーバード大学のギリシア語、ラテン語担当の教授で、 帝政ローマ時代の政治史、思想史、宗教詩の分野で 優れた業績を発表している方だそうです。

5

【巨編に挑む】背教者ユリアヌス 今こそ尊ぶ「寛容の精神」(2/4ページ)

各巻に解説・解題を収録• 、フランス文学科 現・フランス語圏文化学科 教授等を歴任し、後年まで教鞭を執る。 ペルシアとの戦いに注力せざるを得なかったコンスタンティウスは、警告を与えるのみで、ただちにはユリアヌスを反逆者として処断しようとはしなかった。

18

ユリアヌス

5世紀の教会史叙述にみられるユリアヌス治下の混乱の描写にはその苦悩がさまざまににじむ。

ユリアヌス 背教者と呼ばれた皇帝Ⅰ ―生誕からガリアでの副帝時代まで―

この頃のローマの国家財政は官僚制によって逼迫してしまっており、首が回らない状態であった。

2

『背教者ユリアヌス (下) (中公文庫)』(辻邦生)の感想(31レビュー)

本書の探求はそのような問いに発している。

ユリアヌス 背教者と呼ばれた皇帝Ⅰ ―生誕からガリアでの副帝時代まで―

」とあるが、現行版(2013年)では、「ギリシア古典に通じ、古来の伝統宗教を尊重して宗教寛容令を出し、キリスト教優遇を廃止した。 そのあり得ないことが生じたのは、 ユリアヌスがローマ軍に見放されていたのだろうと考えるのが、常識的な判断だと思います。 E,ルナン: 「パウロ」• ユリアヌス誕生から青年時代まで ユリアヌス生誕 ときの皇帝コンスタンティヌス1世(大帝)の弟であるユリウス・コンスタンティウスと、小アジアの貴族の娘であるバシリナの子として、ユリアヌスは生まれた。

3

【巨編に挑む】背教者ユリアヌス 今こそ尊ぶ「寛容の精神」(2/4ページ)

ぜひお手にとってご覧いただければとねがってやまない。 そして攻勢にでたローマ軍に耐えきれず、アラマンニ族軍は潰走を始めたのだった。 没後はヴェルレーヌと並び記念プレートが掲げられている。

17