エコノミスト 2020。 週刊エコノミスト目次:11月3日号

英国The Economist(エコノミスト)の最新号

そこで語られる内容はビジネスパーソンのみならず、世界中のリーダーたちからも重視されており、翌年の舵取りに役立ててきたとされる。 そこで語られる内容はビジネスパーソンのみならず、世界中のリーダーたちからも重視されており、翌年の舵取りに役立ててきたとされる。

11

2050年のメディア:第38回 部数を伸ばし続ける唯一の週刊誌 英『エコノミスト』の秘密=下山進

樋口浩義会長は「これまで多くの研究者や活動家がBIを主張してきたが、考え方はバラバラで、一つにまとめるのが難しかった。 大きな字で トランプ、小さな字で ウォーレン、掲載されていない ブルームバーグ… さて、誰が大統領になるのでしょうか? 影の大統領と言われているキッシンジャーはブルームバーグ推しのようですが… 【個人的感想】 ビルダーバーグ会議で決めたことを表紙にする英国紙エコノミスト「The World in 2020」 良いことが書いているように思えないのは、kinkoのネガティブな思考のせいかもしれません。 失業率は2009年10月には10%に達し、2010年4月まで9. 米大統領選挙の直前にでた11月6日号の表紙。

20

週刊エコノミスト目次:11月3日号

これから到来するのはアフター・トランプではなく、「ウィズ・トランプ」の時代。 投資家としては、 SDGs関連銘柄に要注目です! でも、高値掴みには注意ですよ〜。 【当たっていた予言】 ・大麻解禁の流れ ・スマホ決済 ・VRと管理社会 ・トランプ大統領の活躍 ・富士山の噴火はなし 【はずれの予言】 ・インドの経済発展 ・月旅行? ・ブレグジット その他、絵から読み取れる情報が曖昧でわかりませんでした。

コロナ禍の今なぜ「ベーシックインカム論」なのか

トランプの顔はなく、ヒラリークリントンが中央に載っています。

【エコノミスト2020の予言?】表紙に書かれている英語は暗号なのか? │ 防災の種

【事件や災害】 残念ながら、気候変動が2020年も続きそうです。 タロットの「死神」のカードは13番。 それでは、リサは誰と噂されているかというと、民主党の エリザベス・ウォーレン上院議員です。

5

英国紙エコノミストの「The World in 2020」の予言|kinkoの幸せ配当金庫

人的災害も起こしそうで、な〜んか嫌な感じです。 ああ、わざわいだ、大いなる都、不落の都、バビロンは、わざわいだ。 おまえに対するさばきは、一瞬にしてきた。

英国The Economist(エコノミスト) 38%OFF

日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 迫りくる核の危機 2019年に北朝鮮が行ったミサイル実験は15回でした。 2rem;margin-bottom:10px;line-height:1. そうした中で、この雑誌が現在も部数を伸ばし続けている理由を、同誌が、ニュースを報道する雑誌(これはネットに代替されてしまう)ではなく、世の中に起こっている事柄を「分析」し、その意味を「解釈」し、そして将来を「予測」する雑誌だからだと考えるにいたった。

1

(2ページ目)『エコノミスト2020』表紙公開、ヤバい予言連発! 審判の時、火星、失明、五輪、グーグルなど21のキーワード発表!ートカナ

「ウィズ・トランプ」時代の始まり… それと同時に、 2022年の中間選挙が早くも気になってくる。

20