長襦袢 たたみ 方。 着物の長襦袢は大切!なしの場合や着方・畳み方・サイズ・お手入れについて

簡単な振袖や着物のたたみ方は?しまい方やお手入れ方法も|帯/長襦袢

草履を履いた後は風通しの良い場所で陰干しをしましょう。 上前も下前と同じように中央まで折り、袖も内側に二つ折りにします。

5

着物は脱いだ後のお手入れが大切!長襦袢のたたみ方

汗をかくシーズンはもちろん、寒い時期でも着物は湿気を吸収しているものです。 特に衿の美しさは着物の醍醐味とも言える部分ですので、長襦袢と言えどキレイにたたんでおきましょう。

17

「羽織」・「着物コート」のたたみ方・画像の順で誰でもでる!

(セットされているものもあります) ちなみに、半衿とは以下の画像のようなものです。 着る目的は、長襦袢がある事で着物の汚れを防ぎ、着崩れを抑える事が出来ます。

きもののたたみ方|きもののさが美

おくみ同士、衿同士を他の縫い目がずれないように重ねます。

「羽織」・「着物コート」のたたみ方・画像の順で誰でもでる!

特にたとう紙はずっと同じ物を使いがちですが、 通気性が良いとは言え紙ですから、カビの原因になるので定期的に交換して下さい。 長くそのままにしておき、タンスから出したら、変色している、シミになっているというケースかあります。 長襦袢はどう選ぶ? 長襦袢には、お仕立て(オーダー)とお仕立て上がり(既成品)があります。

着物の長襦袢は大切!なしの場合や着方・畳み方・サイズ・お手入れについて

また、ポリエステルと違い静電気も起きにくいのが特徴です。

9

長襦袢のたたみ方 写真付きで解説します。

【3】着物の下前側。

16