寺川 正興。 寺川正興

昭和歌謡 天才ベーシスト 寺川正興

「ファーストレター」• 「夏色の再会」(、SIDE B. 私は、この「高低差による疾走感を生み出すという」事を、アカペラのアレンジにおいても活かしています。 オリジナル楽曲を聴く際に、作曲者と編曲者のクレジットのみが出てくるのも些細なことだがうまいと思う。 Bass Bass Bass 自由の女神(日本クラウン、1970年、GW-5157)• このシリーズではメンバーは基本はしゃぐだけなので、常識人がいかに引き締めるかということになってくると思うが、今回は東出が冷静にツボを心得た解説をしていたおかげでバランスが取れていたように思う。

寺川正興*, 小山夏樹

:ドラム• そして新型ロマンスカーMSEと並んで停車。 この曲は市原明彦とワーナー・ビートニックス版もあるとのことで聴いてみるが、こちらは普通にかっこいいバージョンだった。 寺川正興とニュービート、小山夏樹とニュービート• 「ガラスのハート」(作曲・編曲)• デマ Rumour( SOLL-28)• スマッシュ・イン・ザ・ロック(田畑貞一とグルーヴィ6)• エンガワは口に含んで骨を出すしかない、というような話をしている横で勝田が小声で「エンガワってどこですか」と。

15

寺川正興とは

「」(編曲) や行以降 [ ]• 他 アダムス 1968年 [ ]• 浅草キッドもこのジャンルについては専門だが、かといって出すぎずゲストを前面に出すあたり、心得ているなあといった印象。 デマ Rumour( SOLL-28)• 夫人はやとして活躍している。 「」(作曲)• 踏んだキノコはベニタケの仲間(毒キノコ)。

9

teacherresourcesgalore.com

カッコ良すぎませんか!? もう、曲の最初からえぐい・・・・笑。 「やさしい時代」(編曲)• 田中が開閉操作を行い、原田芳が羽子板係。

11

石川晶とカウント・バッファローズ ~ ギタリスト直居隆雄のページ

最後に見たレトロエレベーターは乗ってみたい。

12

水谷公生

Dynamic Big Band Hit Sound TOSHIBA TP-92009Z 1973 Take Me To Disco TOSHIBA EMI ETP-60112 1975 Arr. 食毒不明なので回避。 他のメンバーのはしゃぎぶりはいつものこと。

しつこいようですが・・・寺川ベースの話

前職当時から南田のように大興奮したり挙動不審になったりすることはほとんどなかったとはいえ、出る光景出る光景が普段見慣れているためか、常に一歩引いて適宜解説を入れていくところがいい。 インスト・バンド「津田龍一とブルー・エース」を経て、に、轟健二(後の松崎澄夫)らと、バンド「 」を結成。

15

石川晶とカウント・バッファローズ ~ ギタリスト直居隆雄のページ

続くありた・しんたろうとニュービート「じんじんさせて」(山本リンダ)もドラムが大フィーチャー。

19