広野 igcc。 最新石炭技術で福島が世界を牽引

大型石炭ガス化複合発電設備実証計画(広野)/福島復興電源コンソーシアム/福島県広野町

石炭ガス化複合発電(IGCC「Integrated coal Gasification Combined Cycle」)は、最新鋭の従来型石炭火力発電よりもさらに発電効率を高くできるため、発電電力量あたりの二酸化炭素やばい煙の排出量が抑えられ、地球温暖化などの環境対策上有利であること、従来型石炭火力発電では利用が困難だった灰融点の低い石炭を利用できること等のメリットを有しています。

5

最新石炭技術で福島が世界を牽引

原子力では140万kW級の最新型で使われる燃料は、おそらく男性用ビジネスケース1つ分程度だろう。 資金調達は5社による出資と国内最大級のプロジェクトファイナンスによって行い、福島復興という目的にご賛同いただいた株式会社三菱東京UFJ銀行、株式会社日本政策投資銀行、株式会社みずほ銀行、株式会社三井住友銀行に加え、地元福島県の株式会社東邦銀行をはじめとした多くの金融機関にご協力、ご支援をいただきます。 上記の思いを胸に、世界最新鋭のIGCCを通じて、地域に親しまれ、共存共栄できるよう努力してまいる所存です。

6

大型石炭ガス化複合発電設備実証計画(広野)/福島復興電源コンソーシアム/福島県広野町

炉内はバーナーからの噴流で旋回し、微粉炭と空気が反応しながら上昇しガス化する。

14

福島復興電源の広野IGCC、2021年運開へ起工式

しかし単位発熱量あたりのCO2の排出量が多く、気候変動に悪影響を与え、有害物質を排出するので大気汚染の一因となる。 「福島復興電源」として新たなプラントが同県内に2つ建設中だ。

3

大型石炭ガス化複合発電設備実証計画(広野)/福島復興電源コンソーシアム/福島県広野町

現在は、早期の経済復興や雇用回復・創出に向け、できるだけ早期に建設工事に着工すべく検討を進めております。

7

IGCCによる産業復興|東京電力

酸素を製造する空気分離装置が小さくなり、所内で消費する動力が圧倒的に少なくてすむという。 また、環境影響評価着手から運用を含めた数十年間で、1基当たり総額800億円程度の経済波及効果をもたらすと試算されている。

13

福島復興に向けた世界最新鋭の石炭火力発電所を建設・運営する事業会社の設立について|プレスリリース|東京電力ホールディングス株式会社

IGCCである常磐共同火力10号機をみると構造は複雑だった。 ポーランド、タイ、チリなどの新興経済国や日本の電力会社がIGCCの導入を検討しているが、価格と技術の両面で、今は様子見をしているという。

8

事業内容

事業内容 広野IGCCパワー合同会社は、石炭のさらなる高度利用として高出力・高効率化に向けた技術開発が進められている石炭ガス化複合発電設備を福島の地で世界に先駆けて運転し、経済復興や雇用回復・創出に役立てるとともに、エネルギー・環境問題に貢献するクリーンコール技術で福島県が世界を牽引していくことを目指し、三菱商事パワー株式会社、三菱重工業株式会社、三菱電機株式会社、東京電力ホールディングス株式会社の出資により、「世界最新鋭の石炭火力発電所プロジェクト」における発電所の建設・運転を実施する事業会社として設立されました。 新設プラント2つが成功すれば、IGCCの普及も加速するだろう。 (写真4)貯炭場の石炭の山 常磐共同火力の石炭ガス化発電事業本部の石橋喜孝氏は、東京電力の火力部門出身で、IGCCの開発、運用の中心になってきた。

14

IGCCによる産業復興|東京電力

もともと日本の重電、電力の石炭技術は世界に比べて、低公害、効率の良さが優れていたが、IGCCはさらに優位性を持つものだ。 IGCCにはいくつものメリットがある。

11