水防 法。 水防法

水防法|条文|法令リード

Q 避難確保計画作成等に関する事務は市町村の防災担当部局において担うべきなのか。

2

水防法等の一部を改正する法律(平成29年)よくある質問Q&A

)、第15条、第22条 (民生委員法第4条の改正規定に限る。

1

水防法等の一部を改正する法律(平成29年)よくある質問Q&A

水防は、洪水、雨水出水(内水)、津波、高潮に際して、水災を警戒し、防御し、これによる被害を軽減する活動である。 )の排水施設等 (排水施設又はこれを補完するポンプ施設若しくは貯留施設をいう。 大規模氾濫減災協議会制度について Q 「水防災意識社会再構築ビジョン」に基づく既存の協議会を法律に基づく大規模氾濫減災協議会に改組するうえで必要な手続はあるのか。

14

水防法等の一部を改正する法律(平成29年)よくある質問Q&A

市では、火災や洪水など災害発生時に、付近住民の皆さんが避難するときの合図や、消防職団員の招集にサイレンを鳴らしています。 第4章 指定水防管理団体の組織及び活動• ただし、数市町村にわたる水防上の特別の利害を調整する必要があると認められるときは、組合規約で定めるところにより、当該市町村の議会の議員の被選挙権を有する者で水防に関し学識経験があり、かつ、熱意があると認められるものにつき当該市町村の長が推薦した者のうちから選挙することができる。

19

水防法

A 訓練は避難確保計画に基づき実施されるため、訓練の実施自体の報告は法律上義務付けられてはいませんが、訓練の実施は要配慮者利用施設の避難確保において極めて重要であることから、市町村において実施状況をフォローいただくようお願いします。 Q 大規模氾濫減災協議会では具体的にどのような協議を行うのか。 災害時などには昼夜問わず大きなサイレン音が鳴り、付近住民の皆さんには大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力をお願いします。

19

水防法

以下この項において「改正法」という。 水防4号 必要と認める区域内の居住者は 避難のため、立ち退く等の対処が必要であることを知らせます。 A 一般的には避難確保計画の作成等は施設の管理者が行うことを想定していますが、一つの経営主体が複数の要配慮者利用施設を同一の敷地内に所有する場合など、複数の要配慮者利用施設を一体として施設の所有者が避難確保計画の作成等を行うことが望ましいと考えられる場合等は、施設の所有者に対してこれを求めることができます。