Aws az と は。 AWS障害、“マルチAZ”なら大丈夫だったのか? インフラエンジニアたちはどう捉えたか、生の声で分かった「実情」 (1/3)

アベイラビリティゾーン(AZ)とは

アベイラビリティーゾーンは、リージョンコードとそれに続く文字識別子によって表されます us-east-1a など。 各 AZ はそれぞれ他の AZ から物理的に意味のある距離、つまり数キロメートル離れていますが、すべて 100 km 以内 互いに 60 マイル に配置されています。

18

Amazon RDS マルチ AZ 配置

AWS は世界中にサーバーを持っており、 リージョンという大きな単位でまとまっています。 別のアベイラビリティーゾーンへのインスタンスの移行 必要に応じて、アベイラビリティーゾーン間でインスタンスを移行できます。

4

AWSのAZ(アベイラビリティーゾーン)とは?AZ障害が起きたときどうすればよいのか

これは、完全に冗長な 100 GbE ファイバーネットワークバックボーンのおかげで実現できており、多くの場合、リージョン間で多くのテラビット規模の容量を提供しています。 日頃の準備と学習と対策があれば、障害に負けることはおそらくないでしょう。 バッチ処理系は実行環境を仮想化環境である「コンテナ」にまとめていなかったため、障害時の緊急対応に時間を要したという。

AWSの大規模障害を受けて冗長化を再考する

こんにちは。 フェイルオーバーが完了してから、新しいアベイラビリティーゾーンが RDS コンソールに反映されるまでさらに時間がかかる場合があります。

3

AWS障害、“マルチAZ”なら大丈夫だったのか? インフラエンジニアたちはどう捉えたか、生の声で分かった「実情」 (2/3)

どれを取るかはです。

AWS サービスがどこにあるのかまとめ

オートスケーリングを利用する場合でも、複数の AZ を指定して障害時に自動的に、もしくは主導で切り替えることができます。

16

Amazon RDS での高可用性 (マルチ AZ)

各 AWS Local Zone でのロケーションは AWSリージョンを拡張したものであり、Amazon Elastic Compute Cloud、Amazon Virtual Private Cloud、Amazon Elastic Block Store、Amazon File Storage および Amazon Elastic Load Balancing などの AWS のサービスを使用して、地理的にエンドユーザーと近い場所で、レイテンシーの影響を受けやすいアプリケーションを実行できます。 これから作成するインスタンスにアクセスするためのキーファイルを紐付けます。

2