有機 アニオン トランス ポーター。 プロベネシド

抗 ヒト 有機アニオントランスポーター 1 (OAT1) ポリクローナル抗体|株式会社トランスジェニック

SLCO2A1とも。

10

リファンピシンと薬物相互作用について

この中で、ヒトの有機アニオントランスポーター1 organic anion transporter1:OAT1 は、563 アミノ酸残基からなる12 回膜貫通型の膜蛋白で、主として腎臓に局在し、わずかに脳にも発現が認められています。 現在でも重症感染症の治療時に抗生物質の血中濃度を上昇させるために用いられる。 血中、尿中ミオグロビン、キナーゼの上昇、脱力感、筋肉痛が認められ、多臓器の障害を生じることもある。

プロベネシド

薬物は門脈と肝動脈の両方から肝臓内に吸収されます。 J Chromatogr A 1135 2 : 219—29. プロベネシド ペニシリン アセタゾラミド フロセミド インドメタシン メトトレキサート 排泄過程における薬物相互作用の関連ゴロ. 今回PAHのNPT1によるanion exchageメカニズムについては証拠が得られなかったが、Cl-感受性はみられた。 有機アニオン輸送系を介して分泌される弱酸性薬物は、下記の薬などがある。

有機アニオン輸送系薬(尿細管分泌での相互作用)のゴロ、覚え方

具体的には、既に腎近位尿細管において有機アニオンの分泌に関わっている可能性が示唆されているtype I リン酸トランスポーターNPT1について遺伝子発現細胞を用いたin vitro 実験により動態学的にその関与を証明する。 このような新規のノックアウト細胞株を用い、野生型(WT)とノックアウト細胞株の間で薬物輸送を比較することで、特定の薬物-トランスポーター相互作用を特定したり、特性を明らかにすることができます。

肝トランスポーターとDDI

初めに開発する細胞株は、側底膜の取り込みトランスポーターであるOATP1B1および1B3、ならびに胆管側膜のトランスポーターであるMDR1、MRP2、BCRP、BSEPおよびMATE1を標的とするものです。 このことは、genisteinが側底膜側でなく、刷子縁膜側だけを阻害していると考えられる。 本抗体は、免疫組織化学的な解析に有用であることが確認されています。

CiNii Articles

なお、リファンピシンを反復投与後に本剤を単独投与したところ、 本剤の血漿中濃度の低下(Cmaxで約0. 有機トランスポーター OAT4,10等 今回はOAT4にのみスポットを当てる OH-イオンと交換して尿酸を取り込むトランスポーター。 薬物間相互作用は、ある薬物の取り込み、排出、または代謝が、同じ代謝酵素またはトランスポーター経路で相互作用する2つめの薬物によって、障害もしくは亢進されたときに生じます。

5

抗 ヒト 有機アニオントランスポーター 1 (OAT1) ポリクローナル抗体|株式会社トランスジェニック

他のスタチン(プラバスタチン、シンバスタチンなど)は約20~30%のLDL低下率が期待される。 トリクロルメチアジドを使った試験で、尿酸の取り込みが増大することから トリクロルメチアジドによる高尿酸血症に関係している? と言われている。

CiNii Articles

時間依存的であり、ナトリウム濃度や膜電位には非依存性である。 The kidney and liver possess the distinct organic anion transport pathways for the elimination of potentially toxic anionic drugs and metabolites. また、PAHのCaco-2細胞上での輸送は、ラットのそれと類似して、排出方向性、pH及び温度依存性であった。

17