デジタル トランス フォーメーション なぜ dx。 デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)を取りまとめました (METI/経済産業省)

「デジタルトランスフォーメーション」対談

今、HULFTでは「ReBORN~創造と挑戦~」というメッセージを打ち出していますが、ちょうど当時と同じ現象が起きているように思います。 たとえば製造業の現場や、建設の工事現場などにおけるIoTやAIの活用もこれに当たります。 近年は、多種多様なクラウドサービスが提供されています。

20

コレ1枚で分かる「『デジタルトランスフォーメーション』の真意と『デジタライゼーション』との違い」

同レポートでは、DXを実行することが、これからの時代に企業が生き残っていくための鍵になるとしています。 IoT(Internet of Things) 車や家電など、これまでインターネットに接続されていなかった「モノ」をインターネットにつないでモノの状態や人間の行動などの情報を収集・分析し、得られたデータを活用することで、新たなサービスを生み出す技術です。 さらに両社は、ネットスーパーの注文品を顧客宅まで配送する業務を、地域の配送ドライバーとマッチングするシステムの実証実験にも取り組んでいます。

デジタルトランスフォーメーションはなぜDXと略されるのか【DTではない理由】

かつては生演奏やレコード販売だけだった音楽ビジネスですが、デジタル技術の発展によって CDやMDコンポといった物販が主流になり、ビジネスの一部がデジタル化しました(デジタイゼーション)。 経済産業省が2018年12月に発表した「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)」では、以下のように定義されています。 在宅医療支援や医師不足の解消にも貢献。

「デジタルトランスフォーメーション」対談

ブラックボックス化が起こる原因としては、システムを構築した担当者が退職でいなくなったことや、自社の業務に合う細かいカスタマイズを加えた結果、プログラムが複雑化したことなどが挙げられています。 「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」 言い換えると、DXは 「ITの活用を通じて、ビジネスモデルや組織を変革すること」を意味します。 キャッチアップしなければ切り捨てられるぞ」 「顧客も競合他社もどんどんデジタルシフトしている。

8

デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(DX推進ガイドライン)を取りまとめました (METI/経済産業省)

企業に通信インフラを提供してきた通信事業者の必要性は、これからますます高まると考えられます。 長期的に見れば、昨今のDXもあくまでも「手段」でしかなく、世界のビジネス市場で戦っていくことを「目的」として認識しておかなければなりません。

8

デジタルトランスフォーメーション

ですが、DXは長期的に取り組むことが必要なので、継続的にIT投資をすることにもなります。 予約の繰り上げや、備品の発注までこの仕組みで完結できるようになり、障がいをもつ社員が自立的かつ主体的に働くことができる環境の提供が可能となりました。

デジタルトランスフォーメーションはなぜDXと略されるのか【DTではない理由】

そこで、DXの定義と言葉が作られた歴史から意味を詳しく理解していきましょう。 「DXとは、クラウド、モビリティ、ビッグデータ/アナリティクス、ソーシャル技術を利用し、新しい製品・サービス・ビジネスモデルを通して価値を創出し、競争上の優位性を確立すること」 広い意味での「デジタルによる変革」が私たちの日常生活全般にもすでに起きていることは間違いありませんが、この定義ではより踏み込んで、DXとはビジネス価値を提供する主体、つまり企業(行政などの団体も含む)が起こすべき変革のことを表していると読み取ることができます。 日本最大のコンサルティングファームであるが掲げているポイントを参考に、ここでは3つのポイントをご紹介します。

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?なぜ「X」がトランスフォーメーション?

。 なにかというと、たとえばAIやブロックチェーンなど新しい技術が出てきてある程度習得できると、要するに手にハンマーを持った状態になり、なんでも釘に見えて打ちたくなってしまう、ということです。 まずはDX(デジタルトランスフォーメーション)の言葉が持つ意味をおさらいしていきましょう 「DX(Digital Transformation/デジタルトランスフォーメーション)」とはなんなのか。

18

METI DX:経済産業省のデジタルトランスフォーメーション特設Webサイト

今回は、 「レガシー産業におけるDX化」に焦点を当ててご紹介いたします。

20