大丸 拓郎。 大丸 拓郎

日本人がNASAで働くには|大丸拓郎|note

正確にはまだ研究開発フェーズにあるプロジェクトだったが、エウロパ・ランダーという名の、探査機をエウロパ表面の氷の上に着陸させ、ロボットアームで氷を削りその場で分析するというミッションだ。 そこにサーマルエンジニアとして僕、もう一人メカニカルエンジニアが投入された。

5

永井研究室の卒業生 大丸拓郎君(NASA JPL)が、NASAの火星探査車(Perserverance)搭載ロケットの打ち上げに関するプロジェクトに参加し、NHKニュース等で紹介されました。

材料系と電気系のエンジニアをスカウトしてプロトタイプを製作し短期間のうちにシステムコンセプトの実証に成功した。 極寒でも作動 米カリフォルニア州のJPLは、無人探査計画の開発拠点だ。

15

宇宙熱流体システム研究分野 永井研究室

それを支えてくれたのは僕がNASAで働くという夢を後押ししてくれた家族、大学の先生、そしてGCやE、ともに働く仲間たちだ。 昨年秋にローバーの組み立てを終え、10 月中旬 ( ちゅうじゅん )には、火星の温度・気圧の環境を再現したJPLの「スペースシミュレーター」で試験をした。

18

SpaceX、月周回旅行の初の民間乗客が決定! もしかしたら日本人かも…?

An Additively Manufactured Evaporator with Integrated Porous Structures for Two-Phase Thermal Control. 2017年11月2日 14th International Conference on Flow Dynamics 14th ICFD にてM2安達拓矢君、M2倉根翔君、M2上地健太君、M2野村将之君、M1井上菜央さん、M1兎内龍也君がポスター発表を行いました。 うちのプロジェクトだけだと予算が限界だ。 7月号",publishAt:"2020-03-24T23:42:09. Thermal Design of the Sample Handling Assembly in the Sampling and Caching Subsystem on the Mars 2020 Rover. 2018年2月5日 修士の学位審査が行われました。

メンバー

一瞬の沈黙が永遠に感じられた。

4

朝日学生新聞社 ジュニア朝日 LINE NEWS「朝日こども新聞」人気の記事|8万人のひとり

「そろそろタクに他のプロジェクトを考えないとな。

15